バンドマンには一石二鳥! ライブ動画編集の5つの驚きのメリット

リタイア生活

※このブログではアフィリエイト広告を使用しています。

目次

・動画編集はそんなに難しくない!

近年、シニア世代の動画編集人口が増加しています。

一見するとハードルの高そうな”動画編集”ですが、今や動画編集は、パソコンやタブレット(スマホでも)があれば、誰(シニアも例外ではない)でも簡単に始められるスキルです。

今後シニア世代は、人生100年時代に向けて、新しいスキルや趣味を身につけることが重要です。

このブログは

・動画編集に興味はあるが、具体的に何から始めて良いかわからない

・新たな生きがいや趣味を探しているが、具体的に絞れていない

・・・という方に有益です。

・シニア世代が動画編集で得られる5つの驚きのメリット

ではシニア世代の動画編集に関する状況と具体的なメリットについて見ていきましょう。

まず、5つのメリットは以下の通りです。

★5つの驚きのメリット

メリット1:新しいスキルを身につけられる

メリット2:コミュニケーション能力を高められる

メリット3:新しいことにチャレンジする意欲が高まる

メリット4:思い出をビビッドに残せる

メリット5:老後の生きがいになり健康増進効果も

動画編集を楽しむシニア世代ってどれくらいいるのでしょうか?

シニア層で動画編集人口が増加していることを裏付けるデータもあります。

・2022年の65歳以上のYouTubeユーザー数は前年比27%増の約48万人と増加傾向→(動画共有サイト「YouTube」の調査)

65歳以上のYouTube投稿者数は、前年比18%増の約8,000人→株式会社モノシリックスの「データから見る日本のYouTube市場の現状と今後について」)

65歳以上のYouTube利用者のうち、13%が「YouTubeで動画を投稿したことがある」と回答→(株式会社電通の「YouTubeに関する調査」)

これら調査結果から見ても、シニア層のYouTubeユーザーによる動画投稿数が増加していることは明らかです。

以下は、YouTube投稿者数を年齢別で表したグラフ(2022年)です。

年代 投稿者数
65歳以上 8,000人
55歳~64歳 40万人
45歳~54歳 120万人
35歳~44歳 190万人
25歳~34歳 280万人
18歳~24歳 360万人

65歳以上の投稿者数は、2021年の3,500人から約2.3倍に増加しています。

これは、シニア層のYouTube利用拡大や、動画編集ソフトの進化によるものです。

シニア層の動画編集人口が増加している背景としては、以下のようなものが考えられます。

★シニア層の動画編集人口増加の背景
  • インターネットやスマートフォンの普及で、動画コンテンツの需要が高まっている

  • シニア層のアクティブ層が増加している

  • シニア層の生きがいづくりやスキルアップに、動画編集が注目されている

今後も、シニア層の動画編集人口は拡大していくと考えられ、動画編集はシニア世代の新たな生きがいや収入源(広告収入など)になる可能性を秘めています。

・動画編集がもたらす5つの驚きのメリット

動画編集歴8年(YouTube動画投稿数:600本)の筆者が感じたメリットを紹介します。

メリット1:新しいスキルを身につけられる

動画編集は、パソコンやタブレットなどの操作スキル、編集ソフトの使い方、動画の撮影や編集に関する知識など、さまざまなスキルを楽しみながら身につけることができます。

新しいスキルを身につけることで、脳の活性化やそこから波及する新しい趣味の獲得にもつながります。

筆者も趣味の音楽(ライブ演奏)をYouTubeにアップしたいという願望が動画編集へのキッカケでした。

テレビを見ながら一日ダラダラするのもいいけど、もっとクリエイティブに脳をフル活用したい!

動画編集は、新しいスキルを学ぶいいチャンス。

最初はちょっと戸惑うかもしれませんが、次第に上達していく喜びはたまらないものがあります!。

 

メリット2:コミュニケーション能力を高められる

動画編集は、自分の考えや伝えたいことを動画にまとめるスキルが必要です。

動画を制作することで、自分の考えを整理したり、わかりやすく伝える力を鍛えることができます。

また、動画を公開することで、多くの人々とコミュニケーションをとることもできます。

筆者自身、アップロードした動画にイイねがもらえたり、見知らぬ海外(国内)の視聴者さんから色々なコメント頂けることもあって、そのたびにやってて良かったなと思います。

 

メリット3:新しいことにチャレンジする意欲が高まる

動画編集は、自分一人でも始められるスキルですが、よりレベルアップするには、さまざまな情報やアドバイスを収集する必要があります。

そのため、新しいことにチャレンジする意欲が高まり、学び続ける姿勢も身につきます。

こう書くと大変そうですが、好きなことになれば自然と学習意欲はでてきます。

その結果として、動画編集スキルがアップすることの満足感、さらには視聴者からの評価を得ることができます。

 

メリット4:思い出をビビッドに残せる

ライブ映像だけではなく、楽しかった家族旅行や、孫の成長記録が残せます。

写真だけじゃなくて、動画にすればその熱気や感動がバッチリ伝わります。

思い出がより鮮明に蘇るし、みんなで笑って涙して楽しめること間違いナシです。

私は、自分の音楽史?(ライブ映像編集)作成がライフワークだと思って続けています。

メリット5:老後の生きがいになり健康増進効果も

動画編集は、パソコンやスマートフォンさえあれば始められる、身近な趣味です。最近は動画編集ソフトやオンライン講座なども充実し、初心者でも学べる環境が整っています

動画編集をすることで、自分の好きなことや得意なことを再発見・自覚できます。そしてその気持ちが新たな活動・行動・出会いへのモチベーションになる好循環が期待できます。

これらの効果により、老後の生活が充実し、健康増進にもつながります。

・まとめ

さて、いかがでしょうか? 

「動画編集を始めることで得られる5つのメリット」について説明しました。

メリット1:新しいスキルを身につけられる

メリット2:コミュニケーション能力を高められる

メリット3:新しいことにチャレンジする意欲が高まる

メリット4:思い出をビビッドに残せる

メリット5:老後の生きがいになり健康増進効果も

シニアにこそ、動画編集の楽しさを味わってほしいです。

思い出をビデオに残す、クリエイティブに遊ぶ、友達とオンラインでつながる、テクノロジーと友達になる、新たな趣味を見つける。

これだけのメリットがあるんですよ。

お気に入りのスマホやパソコンを使って、今すぐ動画編集の世界に飛び込んでみませんか?

やってみる価値、十分にありますよ!

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました